法要

法要とは、追善供養ともよばれ、故人を供養する仏事です。
ここでは、一般的に行われている法要について解説をしています。

法要の種類

  • 初七日…命日から(命日含む)数えて7日目に営む法要
  • 四十九日(七七日)…命日から数えて49日目に営む法要
  • 百か日(百か日忌)…命日から数えて百日目の法要
  • 一周忌…1年後の祥月命日に行う法要
  • 初盆…命日後、はじめて迎えるお盆のこと
  • 祥月命日…命日の同月同日のこと
  • 月命日(月参り)…命日の同日のこと
  • 年忌法要…定められた年次ごとの祥月命日に営む法要で、一般に法事とよばれているものです。命日の翌年が一周忌、その翌年からは命日の年も含めて数えます。
    三回忌(満2年目)、七回忌(満6年目)、十三回忌(満12年目)、二十三回忌(満22年目) 、二十七回忌(満26年目)、三十三回忌(満32年目)となります。

本来は、初七日から四十九日までは、以下のように7日ごとに法要を営みます。
二七日(命日から14日目)、三七日(命日から21日目)、四七日(命日から28日目)、五七日(命日から35日目)、六七日(命日から42日目)。

もっとも大切な四十九日間の心得

仏教では、人は亡くなると49日の間に次の世へ転生するといわれています。
ある人は天国へ、ある人は地獄へ、ある人はもう一度人間へ、またある人は動物や霊へと、この期間に次の生が決定します。
よって、この期間、遺族は、故人の食べ物であるお線香を供養し、極楽へ生まれ変われるよう、お祈りをするのです。

この49日間を忌中(きちゅう)といい、お祝い事への出席や参拝などは控えます。
49日が過ぎると、この日を忌明け(きあけ)といい、喪に服していた遺族は、通常の生活に戻ります。

法要の流れ

法要を営むには、準備しなければならない物がたくさんあります。
ここでは、一般的な初七日と四十九日法要のながれについて、簡単にお話します。

初七日の法要

最近は遠方参列者の都合を考慮し、告別式の日に遺骨迎えと合わせて行うことが多いようです。
祭壇を用意し、遺骨、遺影、白木位牌、生花、供物を飾り、僧侶に経をあげていただきます。
その後、参会者を会食でもてなします。これは、お斎(おとき)とよばれます。

四十九日の法要

忌明け法要ともよばれます。
最近は、この日に納骨を合わせて行うことが多いようです。

白木位牌は仮の位牌なので、四十九日までに漆塗りの本位牌を用意します。
白木位牌は菩提寺に納め、本位牌は住職に魂入れをしていただき、祭壇を片付けた後、仏壇に本位牌を安置します。
お寺の本堂とお墓に供えるための生花、埋葬許可証、認印も用意します。

法要終了後は、忌明けの会食も行います。
また、忌明けにともない各方面への挨拶やお礼をしますので、香典返しや石材店への謝礼、僧侶へのお布施、参列者への引き出物などの準備が必要になってきます。