HOME >  遺族が葬儀後にすべきこと >  埋葬料の受給手続き

埋葬料の受給手続き

葬祭後の手続きとしてまずすべきことが、埋葬料(費)や葬祭費の受給手続です。
亡くなった方が健康保険に加入していた場合、葬儀をおこなった方(施主)は、給付金をもらうことができます。
ただし、市町村に請求手続きを行わないともらうことはできません。

ここでは、埋葬料および葬祭費の受給手続き方法と支給金額をお教えします。

支給金額について

「埋葬料(費)」

亡くなった方が社会保険に加入していた場合には、埋葬料(費)をもらうことができます。
葬儀を行った方が、故人を頼りに生計を立てていた場合、埋葬料が支給されます。
また、葬儀を行った方が、身内以外の第三者の場合、埋葬費が支払われます。

受給される額は、埋葬料が一律5万円、埋葬費は5万円以内となっています。

さらに、加入者の扶養家族が亡くなった場合にも、家族埋葬料が支給されます。
これは、一律10万円です。

「葬祭費」

亡くなった方が国民健康保険の被保険者の場合は、葬儀を行った方は、葬祭費をもらうことができます。支給額と支払方法は、市町村によって異なりますが、3~7万円ほどです。

手続き方法

「埋葬料(費)」

埋葬料(費)は、勤務先、または所轄の社会保険事務所に申請します。
持参するものは、勤務先事業主による証明と印鑑、死亡診断書または埋葬許可証。
さらに、健康保険証埋葬費の場合、埋葬料の範囲内での実費が支給されるので、領収書及びその内訳明細書を持参します。

埋葬料にはいくつか種類がありますので、役場などに必ず相談して下さい。
また、勤務先で手続きを代行してもらえる場合もあるようですので、確認するように。

なお、葬祭費および埋葬料は、亡くなった日から2年以内に手続きをしないと支給されませんので、ご注意下さい。

「葬祭費」

葬祭費の手続きは、役場の健康保険課に申請します。
故人の健康保険証、死亡証明書、申請者の印鑑を持参します。