HOME >  遺族が葬儀後にすべきこと >  その他の各種法的手続き

その他の各種法的手続き

被生活保護受給者の葬儀後は、やらなければならない手続きが山ほどあります。
ここでは、故人の所有物の名義変更や解約、保険金の給付などの各種法手続きについてまとめてみました。

名義変更と解約手続きについて

名義変更が必要なものには、以下のようなものがあります。

  • 自動車税納付義務者
  • 自動車の移転登録
  • 借地、借家(住居)
  • 銀行預金
  • 郵便貯金
  • 債権、社債、国債
  • 不動産

返却や解約が必要なものには、以下のようなものがあります。

  • 身分証明書、勤務先で使用していたものの返却(勤務先)
  • 各種会員証、クレジットカードなどの返却、解約(発行元の各社)
  • 老人保険医療受給者証、印鑑登録カード、市民カード、住基カードなどの返却(市町村役場)
  • パスポートの無効化(都道府県旅券課)
  • 運転免許証などの返却(警察、公安委員会)
  • 無料バス券、身分証明書などの返却(福祉事務所)

保険金の給付手続き

保険金の給付金の手続きについては以下のようなものがあります。

  • 国民健康保険
  • 健康保険(社会保険)
  • 労災保険
  • 生命保険
  • 遺族厚生年金・遺族基礎年金

※各保険ごとに請求方法は異なりますので、必ず保険機関に問い合わせをして下さい。


以上は、あくまでも主要なものの例になります。
実際には、もっとたくさんの手続きがありますので、漏れがないよう充分に確認しましょう。