納骨方法の種類

ここでは、生活保護受給者の葬儀における「納骨方法」についてお教えしていきます。

納骨をどうするか

葬祭扶助での葬儀をした場合、火葬後の遺骨の扱いをどうするかが問題になってきます。

なぜなら、葬祭扶助の基準額に含まれる納骨料とは、「火葬後に遺骨を骨壷に収めるまで」の費用だから。その後の墓や納骨堂などにおさめる費用は対象外なのです。

お墓があればそこに納骨できますが、お墓がない場合、どうすれば良いのでしょうか?

納骨の種類

お墓がない場合の遺骨の保管方法としては、選択肢がいくつかあります。

1つ目は、お墓を買う方法です。
ただし、お墓を買うには100~200万円と、かなりの費用がかかります。
葬祭扶助を受ける方に、そんな金額があるはずはありませんから、お勧めはできません。

2つ目は、納骨堂に預けるという方法です。
納骨堂とは、遺骨を保管しておく建物のことです。仏教寺院の敷地内にあるものや、自治体によって建立されたものなどがあります。
遺骨を納骨堂に預けるためは費用がかかります。
東京都内で考えた場合、都立多磨霊園の合葬埋蔵施設が一番安くて53, 000円。ただ、安さゆえに倍率も高く、すぐに預けることがなかなかできないようです。

3つ目は、手元に保管するという方法です。
よく「遺骨はお墓へおさめなければ法律違反では」という話を耳にしますが、遺骨を自宅に置いておくことは法律で認められていますので、心配ありません。

4つ目は、散骨をするという方法です。
遺骨を海や川、山などにまくことをいい、自然葬の一種です。
最近では「自然に還りたい」ということから、散骨を希望する方も増えています。
費用は、遺骨の粉末化のみなら15, 000円程度、散骨までの場合、4~5万円前後です。

生活保護葬の請負っている葬儀会社で散骨ができるかどうかの確認はこちらから≫