HOME >  生活保護受給者の葬祭扶助について >  利用する際の注意点

利用する際の注意点

ここでは、葬祭扶助を利用している方が、事前に確認・注意すべき事項について解説します。

自治体ごとの給付基準額を理解する

葬祭扶助が適用される基準や支給金額は自治体によって違うというのが実情。
また、条件も厳しい上に、なかなかややこしく、よく考えずに申請したら思ったより支給されないと知り、落胆することも少なくありません。

さらに、基準額には限度があり、金額に含まれているはずの死亡診断書、棺桶、骨壺、位牌、祭壇、読経などの支給も、あまり期待できません。
利用する際は、事前に、給付額で何ができるのかを、よく確認しましょう。

故人の後片付けにかかる費用も確認

身寄りのない方が亡くなって、故人の住居の後片付けをするとなると、それなりに費用がかかってきます。
しかし、この費用を葬祭扶助の金額に含むかどうかの判断は、自治体によって違うのが現状ですので、確認する必要があります。

死亡届の提出および火葬の許可にかかる費用も確認

死亡届は、死亡の事実を知った日を含め7日以内に役所に提出しなければなりません
その際、火葬または埋葬を行うための、火葬または埋葬の許可証が受理されます。

これらの届け出は、通常、葬儀会社が代行で請け負ってくれるものですし、費用も心配することはありません。
しかし、業者によっては、別料金が発生するところもあるようですので、葬儀会社に事前に確認するようにしましょう。

葬儀会社の選び方

以上からもわかるように、葬儀業者によっても葬儀にかかる費用は左右されます。

なので、できるかぎり安くて良心的な葬儀会社を選んでおくと、失敗はないかと…。
生活保護受給者の葬儀に理解があり、料金体系が明確なら、なお良いかと思われます。

いずれにせよ、基準や実態をきちんと把握し、後悔しない葬儀プランを立ててください。

私のお勧め優良葬儀会社5社はこちら≫